やはり3階は要らなかったみたいです

マイホームを建築する時、家族の中で一つの事が問題になりました。それは【3階を作るか作らないか】という事です。妻は作りたい、私は作りたくない、子供はどっちでもいいよ、という意見でした。
結局3階は作りました。といっても階段で昇降するのではなく、忍者が使うような梯子段みたいな物を降ろして登っていきます。これが結構急角度で怖いのです。登った3階は15畳ほどあります。小窓もついているので結構明るいです。妻の要望でエアコンも設置しました。友達が来た時にそこでお茶でも飲みたいというので、6人掛けテーブルと椅子も用意しました。家具屋さんが搬入してくれたのですが、たぶん梯子段を登るのは命懸けだったと思います。
あれから10数年、いまや3階は物置と化しています。テーブルを利用したのは一度だけだと思います。妻の友達も。恐がって登るのを躊躇したそうです。もちろんエアコンもただの飾りになっています。
あれほど【作りたい】と言っていた妻も、今では3階の話が出ると知らん顔をしています。確かに3階があると夢が広がりますが、作るならしっかりとした階段を利用できるようにした方が良いと思います。形だけの3階だとせっかく作っても無駄になるだけのような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two − one =