広い玄関に憧れていました

娘が三人います。三人とも台の靴好きなのです。だからマイホームを建てる時には、一つだけ願いがあったのです。それは広い玄関にしたかったのです。
娘たちはそれぞれいくつもの靴を持ってます。その靴を収納できる下駄箱も欲しいのです。でもあまりにも多すぎてとても困っていました。以前住んでいたアパートでは、靴が散乱している状態だったのです。
だから脱いでも広くて、収納できる下駄箱も大きなクローゼットに入れました。土間収納を作ったのです。玄関を入ってすぐ脇に大きなクローゼットを作りました。靴を全部収納できるスペースがあります。
そして大きな鏡もクローゼットの扉につけたのです。いつだって靴を履いた自分が見られるようにと、結構大きな鏡です。
憧れていた広い玄関を手に入れる事ができました。玄関は家の顔だと言いますが、そう言っても恥ずかしくないくらい広々としてきれいな玄関になったのです。
いつ誰が来てもいいように、靴は脱いだらすぐ下駄箱へ入れる習慣も身についたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen + seven =