住宅ローンで留意したい点は今の生活を落とさない

家を建てたり、購入する場合においては大抵の場合は住宅ローンを組むことになるでしょう。 ローンを組む際には諸条件が有るでしょうが、一番大切なことはローンの返済によって現在の暮らしぶりに決して影響を及ぼしたり、落としてはならないということです。

即ち、此のことは自分たちの生活を犠牲にしてマイホームを得るということになり、本末転倒になります。  従って、例えば大事なのはローンによる月々の返済額が、以前の暮らしであるアパート代や賃貸住宅の費用に比べて同一程度か其れ以下に抑えることです。
つまり、特に一般サラリーマンの場合は将来においては不確実要素も有るでしょうが、現在の経済状態や企業の業績からして大幅に賃金が上がるというのは、チョット想定しにくい状態にもなっているからです。

一般には住宅ローンの場合で月々の返済額で真っ先に影響を受けるのが借入金額とローン金利面ということになりますが、金利面での現在の環境としては世の中が最低金利として動いていますので、住宅ローン利用の場合も低金利という条件が揃っていて問題はないのですが、従って、結局は資金面、特に頭金をどの様に準備して出来るだけ借入金額を抑えるかということです。 此れにはより多くの頭金を揃えることが大事になってきます。
ローンの返済というのは一般には何十年にも亘りますので、出来るだけ借入金を少なくして出来るだけ早い時期に返済を完了することも望ましいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − fourteen =