壁にパンチ穴!どうする???

夢である新築マイホーム。しかし、子供が大きくなると昔の自分と重ねてしまいます。
反抗期には実家の壁に八つ当たり。グーパンチで殴られた壁は無残にもお月様のクレーター状態に。
新築物件で同じ事をされたらと思うと子供の将来やマイホームの将来も不安です。
先日実家の弟から内壁補修の工事をするからと連絡を受け一路実家へ。
予算20000円で畳4畳分の壁を補修するとのこと。
20000円!?いやいや無理でしょ?と思いましたが弟はクロス業者経験もあることと、私自身が趣味DIYということで連絡したそうです。
朝から石膏ボードをMY丸鋸で切り、クレーター状の壁がきれいな状態に。
その上に弟が壁紙を貼っていきます。そうこうしている間に3時間ほどで作業が終わり、綺麗な壁紙が貼られた僕の青春時代は幕を閉じました。
予算も壁紙一畳分×4+壁紙用糊で20000円を大きく下回りました。
余ったお金は実家で軽い飲み会です。
弟から聞いた話では、もしこの壁に穴を開けても補修は簡単だそうです。
今は石膏ボード補修テープというのがあり、穴にテープを貼り、その上から石膏パテを塗ってから、壁紙をはるというやり方が簡単で安いそうです。
自分の息子が穴を開けても大丈夫だなと弟に話したら、その前にそうならないように育てれば?と当たり前の答えを返されて赤面しました。
そりゃそうですよね。(笑)おっしゃるとおり。
バイオレンスに育たないように、しっかり子育てをしようと思った壁パンチのお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 + sixteen =