住宅ローンは現在の低金利を考えて「フラット35」が有利

マンションや注文住宅、其れに建売住宅を購入したり建築する場合は、一部の資産家の人達を除いては大殆どの場合は住宅ローンを利用することになると思います。 此の住宅ローンに関しては種類やタイプが色々とありますが、主なところは固定金利と変動金地というのがあるのを周知だと思います。

勿論、固定金利というのはこの先の将来にわたって金利の変化や変動が発生しても其の影響は受けず、当初に組んだ状態のまま動くことがなく、返済終了まで続いていくことになります。 一方では固定金利に対して変動金利というのもありますが、この場合はその時や其の時代に於いて政府や日銀等の金利政策や経済や景気の動向によって金利が変動するものです。

例えば、現在を例に取ると所謂、国の経済政策や日銀の金融政策においては公定金利などは今はマイナス金利とも言われていてあらゆる分野の金利というものは最低水準に有ると言ってもいいでしょう。 従って、此れ以上は金利が低くなることはないとも言われています。 従って、将来(近い将来)において金利の変動というのは常識的にも上昇に転ずると考えられます。

従って、現在の住宅ローンの金利水準を規準にするためにも、結局は固定金利というのが有利になるでしょう。 現在では公営と民間とで運営している「フラット35」というのは、ピッタリかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven − six =