家から周りの住人のタイプ分けができる

たまにテレビで、近隣住民の方たちとトラブルになるというニュースを聞きます。家は変えられるけど、お隣さんは変えられません。今から新たに家を購入するという場合、お隣さんがどんな人なのかは知っておきたいものです。
一般的に、日本的な家が立ち並んでいる区画にはおじいさん、おばあさんが多く暮らしています。人当たりが良い人が多いですが、たまに頑固でひねくれてしまった人もいますね。
逆に、新しく作られた住宅街だと、そこには30代~の夫婦と、その子どもたちが住むことが多いです。同年代のママ友や、子どもの友達を近所で作りたいというのであればうってつけの場所と言えるでしょう。学校区も同じなので、近場で遊べるのは親御さんとしても安心ではないでしょうか。
マイホームを持つと、なかなかそこから引っ越しはできません。支払いが終わるのが退職してからということもザラですから、お隣さんとのいざこざはどうにかして回避したいところです。