中古住宅を買う時の注意点

マイホームがほしいけど、新築だと完成するまでに時間がかかる、施工のための業者との打ち合わせや交渉が煩わしい、完成したときにイメージしていたものと同じものができるかどうか心配、などの理由で、それなら手っ取り早く中古を買った方がよいのではないかと考える人も多いようです。 もちろん、中古住宅の方が新築よりも安くつくのではというのも大きな理由のようです。
でも、中古住宅は本当に安くつくのでしょうか。中古住宅は一般的には新築よりも耐用年数が短く、老朽化してきたら建て替えなければならなくなる場合が多いのではないでしょうか。そうすると安くつくどころか、建物のための新築費用や古い建物の解体費用など新たな支出が必要になり、結果的には安くつかないことになります。
したがって、中古住宅を購入する場合には、将来建て替えずに終の棲家とするのであれば、新築並みの耐用年数の長いしっかりした建物を選び、将来立て直す予定であれば、築20年以上の、ほとんど土地だけの値段の物件を選ぶなど、将来設計をしっかりしてから購入した方がよいでしょう。